白いキーボードならRazerのBlackWidow MercuryWhiteがおすすめ

RazerのBlackWidow

白いキーボードっておしゃれな感じがして格好良くないですか!

キーボードの色といえば黒が多いですよね。
PCの周辺機器を白いデバイスで揃え始めてからキーボードも白いものを使っています。

白いキーボードは黒色に比べて種類自体が少なく、自分がさらに気に入って使ってみたいと思えるものはかなり限られてきます。

またキーの数もテンキーレスでファンクションキーのないものが白いキーボードでは多い印象です。

個人的な用途としてテンキーレスでファンクションキーがついてるタイプをよく使っています。
そんなキーボードで気に入っている使っているのがRazerのBLACKWIDOW LITEシリーズです。

Mercury Whiteというシルバーと白で統一されていてるカラーを紹介したいと思います。

Razer BlackWidow

Razerはゲーマー向けのPC周辺機器、ゲーミングデバイスを販売しているメーカーです。

ゲーミングデバイスというと黒色の本体にカラフルなLEDで光るというイメージですが、今回紹介するBlackWidow LITEは黒と白の2種類のカラーバリエーションがあります。

https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-blackwidow-lite

このキーボードの特徴簡単にあげると下記です。

  • テンキーレス
  • LEDで白く光る
  • 日本語(JIS)配列と英語(US)配列
  • 静音性のオレンジ軸のメカニカルキーボード

ファンクションキーありのテンキーレスで、白色のLEDが搭載されています。
BlackWidowは日本語配列と英語配列があります。

ゲーミングキーボードではよくあるメカニカルキーボードですが、このキーボードは静音性のオレンジ軸のみです。

白いキーボードに求める条件

白いキーボードでお気に入りとして使っているRazerのBLACKWIDOW Liteですが、黒のキーボードに比べて白のキーボードは種類がとても少ないです。

その中でも僕がキーボードに求める条件がいくつかあります。

  • LED搭載されている
  • 英語配列
  • ファンクションキーがある
  • テンキーレス

これがキーボードを使う上で希望を満たす条件です。
LED搭載はなくても機能に違いはないのですが、やっぱり光るとおしゃれだし気分が上がるのでLEDは欲しいんですよね。

機能面でいうとまずはフルキーボード(テンキーがある)はどうしても場所をとってしまうかつテンキーを使うことがないので、テンキーレスであるのは必須条件。

キーの配列は日本語配列ではなく英語配列を好んで使っていて、ファンクションキー付きが良いのは職業柄バッククオートキーがついているものがいいという理由です。

ファンクションキーがついていないとバッククオートキーが省力されているものが多いので・・。

白いキーボードの選択肢

BlackWidowを使う前はDrevoのキーボードを使ってみたりもしました。

ゲーミングキーボードにしては価格がとても抑えられていて、打鍵感も割と好みでしたがBlackWidowを使うようになったので今は眠っています・・。

あまり不満点はなかったのですが強いて言うなら光らないキーが存在がするのでずっと光らせておきたい場合は少しに気になるかもしれません。

レビューをみると同じ現象の人が多数いるので初期不良ではなく、そういうものと割り切りしかなさそうです。

もしバッククオートキーがなくてもよければAnne Proなど他のキーボード含め選択肢が広がります。

英語配列で日本語の入力は大丈夫?

RazerのBLACKWIDOW Liteは先にも書いたように日本語配列と英語配列が販売されています。

英語配列は日本語配列と記号キーの配置やエンタキーの形状、日本語変換のキーがありません。
使ったことがない人にとっては不安もあるかもしれませんが、アプリやツールを使えば特に不自由なく使うことができます。

Windowsを使っている人であればalt-ime-hackがとても便利です。

https://github.com/karakaram/alt-ime-ahk

このツールはスペースキー横の左altで英数切り替え、右altで日本語切り替えという動作にしてくれるものです。
変換の切り替えがとてもスムーズになるのでWindowsで英語配列のキーボードを使うのであれば、とりあえず使っておいて損はありません。

またBLACKWIDOWはWindows用のキーボードですがMacで使うことも可能です。
MacでWindowsの英語配列のキーボードをいい感じに使う方法は別の記事にまとめています。

まとめ

RazerのBLACKWIDOW Liteを紹介してきましたが、手軽な入手経路がある白いキーボードとしてもとても気にいって使っています。

価格としては1万円を超えるので誰にでも気軽に購入できるものではないかもしれませんが、白いキーボードで使い心地がよいものを探しているならとてもおすすめです。

運営について

MK Devはフリーランスのエンジニア村上浩司が運営するメディアです。フロントエンドを中心としたWEB開発、PCやガジェットに関連したことを発信しています。

最新の情報を受取る

(c) MK Dev. All Rights Reserved.